京都大学の特徴や学費、主な就職先など

京都大学の医学部の偏差値

京都大学の医学部の偏差値

京都大学は、京都府京都市左京区吉田本町に本部を置く日本の国立大学です。創立は1869年で大学設置は1897年となっています。

京都大学は難関大学として全国的にしられていますが、その中でも医学部は偏差値が75以上と、東大に次ぐ難易度を誇っています。

また、同じ理系として工学部も高いレベルの学部として有名で、工学の分野で世界的にも活躍できる人材を育成しています。

工学部卒業生の中には、ノーベル賞受賞者や、エレクトロニクス関連で活躍している人達がたくさんいて、就職先も多方面にわたっています。

京都大学工学部の教育の特徴は、既成概念にとらわれることなく、自分の目でしっかりと物事を見るということを基盤にしています。

京都大学の医学部の学費

京都大学の医学部の学費

京都大学は、京大とも略され親しまれる日本の国立大学です。国立大学として日本で2番目に創設された国立大学で、東京大学にならんで、入試はトップクラスの難関大学といわれています。

自由の学風が京都大学の伝統で、既成概念にとらわれず、自分の目で物事を見ることを大事にしています。

また、京都大学工学部では、学問の基礎を重視してることでしられています。

京都大学工学部の学費は、入学金が約282,000円、授業料が約535,800 円で、初年度納入金額約817,800円ほどとなっています。

京都大学工学部出身者の社会のニーズはとても高く、就職先はさまざまな方面にわたり、多くの卒業生がいろいろな分野で活躍しています。

京都大学の医学部の主な就職先

京都大学の医学部の主な就職先

京都大学には文学部や医学部、工学部など合わせて10の学部があります。

その中の医学部では世界に誇れるような優秀な臨床医や医療専門職、次の世代を担う研究者や教育者の養成を目的としています。

医学部には医師や研究者を育成する医学科と2017年から組織を再編し3つのコースになった人間健康科学科の2つあります。

先端看護科学コースと総合医療科学コース、先端リハビリテーション科学コースのある人間健康科学科は看護師や臨床検査技師などの医療専門職を養成する学科です。

就職先として医学科では医師を人間健康科学科では医療施設や保険行政機関などで看護師や保健師、理学療法士などの専門職として働く人が多いです。また大学院に進学する人も多いです。